スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

fluencyを上げていくための音読

2月までは、英会話学校の宿題で英字ニュースを読んだり、その要約を書いたり、エッセイライティングなんかをやる機会があったのに、3月に入ってからそれがなくなって、英語に触れる機会が急速に落ちているのを感じます。
日常の中で英語を使う機会を意識して取り入れるのは、ほんとに強く意識をしていないと難しいですね。

ところで、今まで英文を音読する機会はたくさんありましたが、声にだして英文を読んでいると、声を出すことに意識が行ってしまい、意味をつかむのが難しいことが多いのに気づきました。
まあ、結局のところ英文を読んでいるときに、英語のまま理解しているようなつもりでも、どこかで日本語を介して考えているところがあるんでしょうね。
何を意味しているのかを理解するために、音読した後にもう一度戻って黙読をしなくてはいけないことがしばしばで、そういう状況が、話すときのfluencyにも影響しているような気がしていました。
本当に関連があるかどうかはわからないですが、スムーズに音読をしながら、文章の意味もきちんとつかむことができれば、もう少しfluencyは上がるような気がするのです。

以前nativeの先生に、音読すると文の意味がつかめなくなるという状態をどうやって改善していけばいいかと尋ねたところ、
「繰り返し、いろんなmaterialで音読をしていくことだ」
という、ありがたい(笑)お言葉を頂いたので、しばらくはホームページに設定してある、アメリカ版Yahooのホロスコープの欄を毎日音読してみることにしました。
効果が出るといいな~。

スポンサーサイト

[ 2009/03/16 13:51 ] 英語学習メモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。